解析ツール

2017-06-22

気がつけば

昨夜はご飯を食べた後の記憶がない… はて・・?

(ご飯食べた後にごろんと横になってそれから?)

気がつけば朝



ご飯食べた後に横になるとウシになるよ…
(泥だらけのカエルにしか見えない・・)

21時半には寝ていた模様・・そりゃあ5時に目が覚めますわな

2017-06-20

アートと

今日はね、いけばな教室の日だったのよ

最近改訂されたテキストのテーマを勉強してるのだ
あ、テキストっていうのは、いけばなを始めたばかりの人が学習するためのもので
師範になるためのものでもあるのだよ

今日選んだテーマは「アートとの語らい」
視覚的に視覚にうったえかけるアート作品からインスピレーションを得て
アート作品と同じ空間でいけるのだよ

このテーマを今日選んだのは、まさに今の時期じゃないと!!クワッと思ったのだよ

アート作品はポストカードでも良いということだったので
それならば・・と手持ちのポストカードから選んだのは友人でもある砂滑花さんの絵

もちろんカエルの絵
だから、今の時期の花材の方が絶対合うって思ったのだ
アートとの語らい
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
ニューサイラン、ケイトウ、ブルーボール(ルリタマアザミ)

どうだ、すごいだろう?ふふふん(←威張ってるが実は半分先生に手伝ってもらってる)

もうね、正直に言おう・・どうしたら良いのか分からなかったのだよ・・・

最初アクリルフレームにポストカード入れてたのだ
針金で花材からぶら下げようとしてたのだけど、
フレームが結構重くてうまくバランス取れなくてね・・・

ニューサイランで額縁のようにしたらどう?と先生からアドバイス
アクリルフレームは外してポストカードをニューサイランに刺して留めるのまでしていただいたのだ

なるほど・・・やはり場数を踏んでいるだけのことはある、発想力が段違い
その後は自分でいけたものの、「アートとの語らい」なのだから
もっと花材とアートをうまくつなげないと・・と少し手直しいただいた
ニューサイランの額の中に花も入って・・・おおぉ
ちょっとアップ

だがしかし・・・今日はあまり自分の力ではいけてないな・・・orz
まぁ、見るのも勉強なのだけどね


いつも二作目をいけるように言われるのだけど
今日は花材がケイトウ1本、ルリタマアザミ1本しか残ってないのでもういいか・・カエル
と思っていたら、やはり二作目をいけるようにとのこと・・がびーん

ケイトウもルリタマアザミもまんまるの花が特徴的なのでぽんぽん遊んでみた

あら、おもしろいじゃない、それならば・・とここでもまた先生の手が入る
おまけ
ぐぅ・・←ぐうの音もでない(いや、でてるけど)

茎をかみ合わせてさらにおもしろくしていただいたよ

「どんなに少ない花材からでもいけばなはできる」
今日の先生の至言・・・うむ、勉強になったのだ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

花のチカラ

ちょっと久しぶりに映画館に行ったのだよ

行っただけじゃなくて映画も観たよ「花戦さ」

いけばなの流派のひとつ、池坊の初代にあたる池坊専好に焦点をあてた物語
戦国時代を描いたあれやこれやのスピンオフのような感じかなって思った

俳優さんもそれなりに豪華メンバーだけど
戦国時代ものの登場人物も豪華メンバー揃ってた

いけばな仲間が話してるのを聞いたので
そりゃ観にいかなくては・・と思って
実はあまり期待せずに観たのだよ
事前の知識もなかったのももしかしたら良かったのか
案外とても良かった、おもしろかった

池坊の総力を挙げて(当然そうなるよね?)協力したと思われる
作中に登場するいけばな作品もとても見事、見ごたえあって良かったのだよ
(いけばな作品は公式サイトで観られるよ→ 「花戦さ」公式サイト

花のチカラを信じて、っていいなぁと思った、うむ

まぁちょっと話がうまく出来すぎだけど映画だからねヘ(゚∀゚ヘ)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村 

2017-06-18

今週のいけばな

さて・・・花材を持ちカエルといつも困るのが
教室と同じ花器を持ってない←

同じようにいけるのが本当は楽なんだけどねw
花器が変わればいけかたもカエルしかないのだよ

同じ花材で二度おいしい・・とも言えるけど
そのことを楽しめる日とそうでない日があるからね
そして花材はいつまでも同じ状態にいてくれない
・・とか愚痴を言っても花材は耳を貸してはくれない(そもそも耳はない)

2017-06-18
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
ナツハゼ、フサスグリ

今度はナツハゼの方が主役かな
教室で使わなかったナツハゼがまだ少しあったので一気に投入
葉がちょっと多くても、案外爽やかになるのはナツハゼならでは、かな?

フサスグリの実が赤くなってきたので、
ナツハゼの赤みのある葉と一緒にアクセントになりそうだね
フサスグリが赤くなりました

2017-06-17

不自由の自由

家元研究科に行ってきたのだよ

今月は花器も花材も自分で選べないのだ
普段はどちらも自分で選ぶのだよ

自分で花器も花材も選んだからいって
フリーダムを謳歌してるわけでもなく
そこから先どうするかが難しいと感じる未熟な王様

与えられた材料でどうにかする方が楽に感じる部分もあることはある
しかし、くじ引きなので、

そ、それはないっしょ・・・・(((゜Д゜;)))

という組み合わせになることもあるので、とてもドキドキするのだよ

幸いなのか不幸なのか、これまでゲゲゲッとなるような花材も花器にも当ったことがない
そろそろ来るのか?来るのか?

いや、今回も無事・・そんなに困らない感じの花材と花器
いつも通り、どういう方向にするかがなかなか決まらないもやもやだけ(´Д`;)

そして出来たのがこんな感じだよー
2017-06-17
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
フサスグリ、ナツハゼ

この丸っこい花器は前に使ったことがあるし、結構好き
だから困りはしなかったけれど、今回の花材とどう合わせるかはやはり迷うね

フサスグリの枝がいい感じに撓んでいたので
テーブルにつきそうになるくらい、すれすれまで下垂気味に横ににぉ~んっと伸ばした
フサスグリをメインにしたので、ナツハゼは花器の口元に低くふぁさぁ~って入れた

おまけというか、ポイントとして口元にナツハゼの実を入れたのね
花器がつるんとした感じなので、ぺっとり実をつけたのだよ

その部分に関しては家元から指摘されてしまった・・

べたーっとくっつかない方が良い
もう少し浮くようなぐらい高さがあった方がいいし
実が重なるぐらいの方が良い

ううううむむむむぅぅぅぅ、そうかぁ・・・
やりたかったことが、効果的にできてなかったのだなぁ

ちょっと直したものがこちら
ちょっと手直しした場所

なかなかうまくできたと思ったけれど
今考えるとすごく守りに入ってしまったなぁ
なんとか作品としてカタチになるようにってことを気にしすぎてチャレンジが足りない

不自由な中でいかに自由にいけるか
もうちょっと考えなくてはね・・・

擬態音使いすぎな件もねっ    ぎくっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村