解析ツール

2017-11-23

花充

今日は汐留にいけばなを観に行ったらね
美術館のチケットもらったのだよ、うれしいな
「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」~12/20 パナソニック汐留ミュージアム
撮影コーナーはまるで絵の中に入れたみたいになるよ

えぬえっちけーで紹介されてるのを見て行きたいと思った気がするのだけど
なんで行きたいと思ったのかは忘れちゃった
でも楽しかった
いけばなももちろん楽しかった

ショールームの中で開催されていたので撮影禁止だったのだよ・・
ショールームなのでいろんな展示品も見てきたよ、すごいねぇ
いつも遅れ気味なのでなんだかSFのように思えちゃうよ

その後ベトナムに行った、カレーとても辛かった(辛いのが苦手)

さらに青山一丁目にいけばなを観に行ったよ
花器市も開催していたのでいろいろ見てきた
楽しかった
もちろんいけばなも楽しかった

だが写真はない!!

その後ホノルルに行った、揚げパン食べた(マラサダって言うらしい)
 揚げパンがほとんど写ってない...

さぁカエルか・・と思ったら遠くにキラキラ発見
近寄ってみた
 近寄ってもキラキラだ
すごいキラキラだ

あぁ楽しかった

まったく写真が登場しないけれど、
たっくさんいけばな作品観てきた、
花で充実した日だった、というのが今夜のお話しだよ
いっぱい食べたって話じゃないのだよ・・ダヨ・・ダヨ   え?そうなの?

かくかくとくさ

さむいねぇ・・むずむず鼻になっててちょっとヤバイの王様
おふとんに早めに入ったものの、なんだかまた起きてきちゃった
こうして体を冷やすから、鼻むず病になるのだな

昨日はお稽古に行ってきたのだ
会社がとってもとってもストレスなので、いけばなで頭の切り替え切り替え

今日の花材はトクサ
トクサとくれば、いろいろ遊べるから楽しいのだな♪

カクカクとさせてみたよ
2017-11-22
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
トクサ、ユキヤナギ

トクサだけでもいいかな、とは思ったけど、もうちょっと何かしてみたかったのだ
紅葉したユキヤナギを1本、手前に入れたのだけど、
それだけだとちょっと中途半端・・・
なので、もうちょっとユキヤナギを増やしてみたのだよ

そしたら、
これはこれでいいけれど、キンギョソウの花を使ってみたら?
と先生の手に掛かるとこんな感じに変わったのだ
2017-11-22(2)
ほほぉ・・これもいいね!チラッと見えるピンクがかわいいでしょ♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

2017-11-21

その後のモミジ

先日使用した花材、モミジはね、ちょっと・・いや、だいぶ水あげが悪いのだよ
切ったら切り口にウィスキー・・って大人だねぇ
王様はゲコだからウィスキーは飲めないのだよ
なんの話だったっけ?
あ、そうそう・・
モミジはとってもきれいだけど、いけばなで使うときはお手入れが大事なのだよ

ふわふわきれいなモミジでいけばなしたかったけれど
ウィスキーはもちろんのこと、アルコール類が全然無くて
一日ですっかりダメになってしまったのだ

ギリギリまだ生き残った葉のある部分を使って
家元研究科で未完成だったいけばなを最後までやりきってみたのだ
2017-11-21
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
モミジ、ウィターベリー

花器も違うし、続きをしたといえるかどうか微妙だけど
ま、今日はこんな感じで

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村 

2017-11-20

庭には二株のビオラ

あ、どもども、王様だよ
 売れ残りで姿が乱れた90円ビオラを2株買ってきたのだ

この間しゅみえん(趣味の園芸)を見ていたらね
ビオラは苗を買ったらまず切り戻せっと言ってたんだよよよよよ

その方が脇芽が増えて花が増えるからというのだよ
失敗してそのまま枯れたら・・と思うと怖いので
この90円ビオラで試すのだ

チョッキン、チョッキン、チョッキンとね
先端を持って上から1/3・・とか一々やらずに、
だいたいの高さで横から大雑把にざくざくハサミを入れてたのだ、テレビでは
だから王様も大雑把に切ったのだ

半分くらいに短くしたった
それを植えつけて出来上がり・・・
2週間くらいで戻ってくるって言っていたのでまた2週間後に!

この話題がでなかったら
失敗したのだな・・・(。-`ω-)
と思っておいて間違いないのだ(ひょえー)

ちなみに、この方法はビオラだけで、パンジーは切り戻ししない方がいいらしいのだ
パンジーは切り戻ししても花の戻りが遅いかららしいよ

オマケ:春先に芽だし苗で買ってきたヒヤシンスが、
もしやと思ってそのまま取っておいたら芽が出てきたのだ・・つよいな、ヒヤシンス
負けるなヒヤシンス、頑張れヒヤシンス
王様も負けないように頑張って戦うのだ(何と?)

2017-11-19

今週のいけばな

先週のピンポン菊がまだ元気なので
ウィンターベリーとあわせてみたよ
2017-11-19
(写真は外部サイト「フォト蔵」を使用しているのだ・・クリックすると「フォト蔵」に飛ぶのだ、表示されてない場合はクリックしてみてね)
ウィンターベリー、ピンポン菊

足元は一箇所からでてるようにした方が引き締って見えるのだけど
剣山なしで立てたためウィンターベリーが広がってしまったのだ・・・
花器の中では一箇所になるようにしてあるのだけど、なにぶん広口なので

そこで、どうせならと思って菊はわざと横並びに整列させてみたよ

<整列!番号!
<1!<2!<3!
って感じでしょ?

でもね、実は上から見ると横に一列ってわけじゃないのだ
2017-11-19(上から)
花は前後にずらして奥行きをだしているよ

そうそう、ウィンターベリーって初めてなのだけど
これを見て、ウメモドキに似てるねっておっしゃってる方がいたので
調べてみたら別名に西洋ウメモドキってあったよ
なるほど、ご親戚なのだね・・うむ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

2017-11-18

お隣さんから

昨日は家元研究科に参加してきたのだよ

今月のテーマは「自由花」なのだけど実際には「自由ではない自由花」
今月の講師はいつも何かしらの刺激というか、ストレスを加えてくる人なのだ
いつも通り、受付順(つまり早く来た順)で花材を選び、花器を選ぶ
いつもならこの時点でどういう作品にするかのイメージを膨らませるのだけど
だがしかし・・・この後講師から何を言われるか分からない・・・

家元研究科は金、土、月とそれぞれで2回ずつ開催されていて、
各自の都合で参加する日時を選べるのだけれど、
先に受けた友人からネタバレになるから教えないと言われていたのでね
ちょっと覚悟をしていたのだよ(現時点ではすべて終了したからもうネタバレにならない)

きっとまたとんでもないことを言われるに違いないから、
いっそヘンな花器を選んでみようと思って使ったことがない不思議な形の花器を選んだよ
ふふふん

いつもなら花材と花器を選んだらいけはじめて構わないのだけど
今回は講師の話を聞いた後に一斉にいける・・・

そして発表になったのは「左のお隣さんの花材をひとつ頂戴する」というものだった
自分で選ばない花材・・というテーマとちょっと似てる
ひとつは自分で選んだ花材、ひとつはお隣さんが選んだ花材の組み合わせで
最初に選んだ花器でいける(花器の変更は不可)

わたしが選んだ花材は今まで使ったことのないウィンターベリー
オレンジの実がかわいいから選んだ
とモンステラ

ウィンターベリー取られたらいやだなぁと思ったけれど、
右のお隣さんもウィンターベリーだったのだ
自分で選んだのと違うものにしなくてはならないから、モンステラがお隣に行き
わたしは左隣さんからモミジをいただいたよ
今回の花材
この時点で作品イメージはまったくなかったので、
モンステラがモミジになっても全く支障がなかったけれど・・・

それにしてもそれにしてもどういけようか

とにかくヘンテコな花器
剣山は入れられるけれど、底が平らじゃないこともあり剣山なしにすることにした
ヘンテコを強調したいから
まずはウィンターベリーの実のついてる先の方を切り落とし
ポキポキ折り曲げてカタチを作った
それが花留めにもなるのだ、うむ

せっかくのウィンターベリーだから、1本だけ実のついた枝を残しておいた

モミジはふんわりとてもきれいな葉と枝ぶりだったけれど
ヘンテコ×ナチュラルよりはヘンテコ×ヘンテコと徹底した方がいいよなぁ・・

モミジも先端の良い感じの部分は切り取りパツンパツンに
ウィンターベリーの枝は茶色でモミジの枝は緑
この色の差もおもしろ・・・・おっと時間切れなのだΣ(°д°lll)

たいしたことしてないのに、決められた時間があっという間に終わり
もう少しモミジの葉の量とか全体のバランスとか調整したいと思っていたけれど
できなかったyoyoyoyoyoh!

家元研究科(2017年11月)

意外なことに講師からは「おもしろいね」と・・(*゚∀゚*)

素直に時間が足りずやりきれなかったことを申し出たら
「いや、でも、やろうとしてることは分かる
 これが効いてるね(中央にあるモミジの赤い部分を指しながら)
 茶色の枝と緑の枝の対比になってるのもいいし
 水面を見せてるのもいい」

どうやら余計なことをする時間がなかったのが幸いしたようだ・・・

ただひとつ、
一箇所残したウィンターベリーの実は「もうちょっと減らした方が良い」と
7~8粒だったのが4~5粒になった

最後の全体の講評では、
   みんな欠点ばかり見て、悪いところを直そうとするけれど
   もっと長所を見るべきだ
というお話があったのだ

確かに、
あれも気になるこれも気になると手を加えて結局ダメにしてしまう、
ということもあるよなー

今回は講師の難題に苦しめられたというよりも
自分の力で自分に挑戦できたという感じがして、
なんだかとってもすがすがしいのだ
うむ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村 

帰ってきた?金曜美術館

最近残業だったり気持ちが疲れていたりして
足が遠のいていたのだけど・・・ひさしぶりに行ってきたよ、美術館!!

コレね

「光の教会」を原寸大で再現したんだって・・再現か・・しちゃうことがすごいなぁ

建築家の展示ってあまり行かない、ほとんど初めてに近い
いや、かつて行ったことあるな・・あれはなんだったかな?
ということは人生で2回目か・・・

今日は午後休みだったので、平日ならゆるりと見られるかなと思ったのだけど
入場制限やチケット売り場の行列こそなかったけれど、結構人がいた

分散すればそうでもないんじゃないかと思うのだけど
なんか人が偏って行列ができちゃうのよね・・
美術館の中で行列に並ぶのが大嫌いな王様は
「マジメに」行列に並んでる人からすると「横入り」的に位置から観たよ
もっとも、ぐりぐり割り込んでいかず、たまたま前が空いたら近寄るという感じなので
全然近寄れない場所は少し後ろで人と人の隙間から覗き込むだけなのだ
あまりじっくりは観てこなかった、観られなかった(´・ω・`)

人が並んでしまう場所はどうやら現地を撮影してきた動画だったので
一つ見終わるまでにちょっとは時間掛かるし、もういいやってことにした

誰もいない模型はたくさんあったので、それはじっくり観られて堪能できた
ミニチュアに興味あるから、模型ってドールハウスっぽくて好きさ

しかし、建築として考えるとやはり実物を見て体験しないと面白さが分からない気がした
上の写真の原寸大で再現したのは、ほぼ本物と同じだとは思うけど
後で壊す前提で作ったんだから本物とはやっぱり違うと思うと同時に
何よりもこれは本物の教会じゃないってことなのだよ・・・

信仰心の薄い身で言うのアレなんだけど・・神様の不在感がね、するのだよ

みんなパシャパシャ写真撮ってるし、
宗教施設に行くと感じる厳かな空気なぞみじんもないのだ
展示品だし、仕方ないことではあるのだけどね・・
建築物はそれを実際に利用する"中の人"がいてこそなんじゃないのかなぁと思ったりしたよ
だからダメだという意味ではなく、あれはベツモノなのだ
「光のインスタ映えする建物」なのだ
それでも充分おもしろいけどね、本物を見てみたいとも思うよね

模型もね、ヘンな場所(?)に建てたりしてるから
地形を再現したジオラマ付きだったりしてるのが特に面白かった
山の斜面とかをダンボールや板を何十にも重ねて再現してるんだよ
こんな山の再現とかどうやって作るのかなぁとじろじろ見てたら、
ひっくり返った虫(カナブン?怖くてよく見なかった)が起き上がろうと
ジタバタしてたことに気づいてしまい、たいへん驚いたのだ!(ムシキライ)

美術館ですっかり歩き疲れた王様は喜んで甘い誘惑に負けたのだ

ケーキセットを食べる王様の横には
昼間からグビグビしてるビールクズが2組ww
特に珍しくもないのかもしれないけど、ちょっと不思議な気持ちになったよ

安藤忠雄展-挑戦- ~ 12月18日(月)
国立新美術館

2017-11-14

フライング

うっかり電車を乗り過ごす・・・うん、あるある…

では、うっかり早く電車を降りてしまうことは?
うん、あるある(力強くうなずきながら)


え?ないですか?そうですか・・・

いつもたくさん降りる駅なのに今日は少ないなぁとか思ったら一駅前だった
なんかいつもと雰囲気が違うぞ・・と思ったら一駅前だった
とか、よくやるから気をつけたいと思うが・・・

たぶんまたやると思う

降りる途中で気づいてもつい勢いで降りてしまうし
乗り直すのが気恥ずかしくて次の電車にしてしまうこともあったり
(おかげさまですぐに次の電車来るところだからね)

うっかりなクセにミエッパリなのだよ・・・

2017-11-12

今週のいけばな

火曜日のお稽古の時の花材を使って違う作品をいけたのだ

モンステラ、ピンポン菊

ピンポン菊は葉を落としてあったので茎の線をポイントにしてみたのだ
2枚のモンステラを1つにつなげて葉の隙間から花が覗くようにしてみたよ
1つにつなげて・・と言っても1枚は表、1枚は裏という組み合わせなので
この角度から見ると裏は見えないのだ

ピンポン菊はまん丸な花が特徴なのだよ
黄色いボールっぽいから、ポップなおもしろい作品がいろいろ作れそうだよね
(これがそうだとは言ってないw)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村